前へ
次へ

制度を利用して離婚問題を解決しよう

離婚問題では、養育費の取り決めをしていても、次第に支払いが途切れがちとなるケースがあるようです。
基本、支払いを催促する電話、手紙、内容証明郵便などで金銭支払債務を通知します。
返答なしなら、裁判や差し押さえということにならざるを得ません。
相手の性格や資力を考えても不安ならば、一時金で受け取ることが得になるケースもあります。
特に、離婚問題では調停や審判で決まれば、家庭裁判所による履行確保が取れますが、協議離婚で夫婦間の話し合いで決まる場合、先の見通しとして親族や知人の立会人を立てて書類に署名、押印をしてもらう配慮も必要です。
もちろん、家庭裁判所で決めたにしても実行されないケースもあるようです。
その場合には、裁判所としても家庭紛争の解決後の後見人的役割として、調停、審判、訴訟上の和解での取り決めが実行されるかを見届けることが優先順位にあるようです。
そして、家事債務の履行を確保すべき、履行勧告、履行命令の制度で対応するなどで、ある程度の効果を上げています。

Page Top