前へ
次へ

効果てきめんとなる離婚問題

養育費を受けるのは一般に、母親となる女性側です。
ちなみに、父親となる男性側が支払いを遅滞しているのかどうか、調査をすることもあります。
その場合、履行勧告制度により、助言、指導、催促の手順で支払いを履行させることもあるようです。
対象となるのは子供の養育費、生活費で、平均して3回の勧告をするようです。
申し出は約1万7千人にも達していて、約6割で効果が出ています。
これは強制ではなく、あくまで義務者の自発的な実行で離婚問題の解決策には打ってつけです。
呼び出しや書面での方法ですから、効果があるのは当然でしょう。
さらに強い手段として、履行命令があります。
一定の期間を定めることで義務を実行させます。
正当な理由がない場合、10万円以下の過料に処することも可能ですが、その前の勧告で効果があるため、命令制度の申し立ては少ないようです。
ちなみに、過料の額も引き上がり、不誠実な義務者には値打ちがあるといいますから、離婚問題で解決できないことは家庭裁判所に相談しましょう。

Page Top